赤ちゃんが産まれると、

いろんなお祝い事が増えてきますね。

 

今までよりも、

自分の父や母、そして旦那の父や母とも会話も弾むし

 

なによりも

おじいちゃん・おばあちゃんは

 

孫の顔が見たくてしょうがありません(´▽`*)

赤ちゃん

 

 

 

 

 

最初のお祝い

赤ちゃんが産まれて最初のお祝いとなるのが

 

産まれて100日たった日に行う

 

「百日祝い(ももか)」です。

 

これはきっちりと100日というわけではなく

 

産まれて3か月したころに

 

ママやパパそして、祖父や祖母

親戚などを招いてお祝いします。

百日(ももか)のお祝いってなに??

百日でのお祝いといえば「お食い初め」です。

 

そもそも「お食い初め」とはどんなものでしょうか?

 

 

お食い初めとは

【一生涯食べることに困らないように】

 

と赤ちゃんの健やかな成長を願って

お祝いする儀式なのです。

 

もちろん、この頃の赤ちゃんといえば

 

母乳やミルクで成長しているので

通常の食べ物は食べられません。

 

なので

食べ物をまだ口にできない赤ちゃんに、

 

食べ物を食べる「真似」をさせます。

 

昔から赤ちゃんの健康と成長を願って

始まったこのお祝いや儀式は

今も受け継がれています。

お食い初めの料理ってどんなもの?

祝い膳(赤ちゃんに食べさせる真似をする料理)は

 

一般的に「一汁三菜」です。

 

内容は・・・

赤飯・すまし汁・鯛のおかしら付き(焼き魚)

煮物・香の物などを用意します。

 

実は食べさせる順番も

あることを知っていましたか?

 

食べる順番は

「飯椀→汁椀→飯椀→魚→飯椀→汁椀」

の順番に3回繰り返します。

 

お食い初めの儀式は

 

「食べることに困りませんように」

 

と願いを込めながら行いましょうね♪

作るのはとっても大変

お食い初めの料理などは

作るのは、とっても大変です(;´Д`)

 

ただでさえ、赤ちゃんのことで

慌ただしく毎日を過ごしているママは

お食い初めの料理を作るのは大変です。

 

そんなときは、

思い切ってプロに頼んでみるのもいいと思います。

 

私のおすすめは博多にある

「博多久松」というお店がオススメです。

 

詳しくはこちらから>>>【博多久松】九州・博多の美味いものを取り揃えています!

 

全国に配送してくれますし、

 

お食い初めに必要な料理はもちろんのこと

 

初めての「お食い初め」でわからない人の為に

 

「お食い初めの手引き」も同梱されています。

 

他にも

 

「歯固め用の石」や

お祝い箸・お食い初め重などもセットなので

 

あれこれと買いに行く手間も省けて、とっても便利です。

 

お料理の材料も中国産主原料は不使用なので

こだわるママも安心です。

味はどうなの??

味は私も実際に食べましたが、

本当に美味しかった!

 

冷凍とは全然思えないほどの美味しさだったので

おすすめです。

 

ただ、「やっぱり自分で作りたい!!」

と思う方もたくさんいると思います。

 

そんな方にも「博多久松」のサイトは

 

購入するしない別として

お食い初めの儀式のことなど

詳しく書いてあるので

 

見るだけでも為になるので

是非参考にしてみるといいと思いますよ(´▽`*)

 

【博多久松】サイト>>>【博多久松】お食い初めの手引き

 

赤ちゃんの初めての「晴れの日」は

家族みんなで楽しんでくださいね♪